外壁塗装トラブル

【必見】外壁塗装の悪徳業者手口は9つ紹介!騙される理由や回避する方法まで

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

外壁塗装の業者選びの際に発生してしまうよくないケースといえば、悪徳業者に工事を依頼してしまう

外壁塗装は悪徳業者に引っかかりやすい工事ですので、お客様自身が悪徳業者と関わらないと心に決めて業者探しを行いましょう。

外壁塗装の悪徳業者はどのような業者なのか、様々な観点から以下にご紹介いたします。

外壁塗装などのリフォーム悪徳業業者による被害は8,000人以上!

外壁塗装の悪徳業者は多いとお話しましたが、国民健康生活センター調査による悪徳業者の被害を確認してみると想像以上の多さです。

悪徳業者による被害について以下に解説していきます。

 

国民健康生活センターに寄せられた2021年の被害は2月の時点で約7,000件!

国民健康生活センターで悪徳業者の被害件数が掲載されており、2018年は7,223件、2019年で8,001件、2020年で8,780件と右肩上がりに増加しており、2021年は2月時点の被害人数までしか記載がありませんが、6,774人もの方が被害に遭っております。

年度 2018年度 2019年度 2020年度
相談件数 7,223 8,001 8,780

前年の同期は5,876人でしたので、増えていることがわかります。

 

外壁塗装には専門知識が必要

なぜこんなにも多くの方が悪徳業者に騙されてしまうのか、その理由はお客様に外壁塗装の知識が無いゆえに騙されてしまうことが原因です。

悪徳業者は、お客様が詳しくないことをいいことに専門的なワードを言葉巧みに並べて信用させ、手抜き工事を行うという流れで騙します。

悪徳業者に騙されないためには、お客様自身が外壁塗装に関する知識をしっかりと把握した上で工事を検討することが重要となります。外壁塗装というのは一見難しく感じるかもしれませんが、学んでみると難しくはなく勉強になります。

ご自分の建物の外壁塗装工事を行うのですから、知らない業者任せに工事を行い失敗して業者のせいにするのではなく、お客様自ら外壁塗装に詳しくなり業者に工事内容を提案することができるくらいの知識を付けて、満足できる外壁塗装を完成させましょう。

 

外壁塗装悪徳業者のよくある手口9つ

外壁塗装野悪徳業者の流れを聞いてみると、一定のパターンがあります。

そのパターンを把握しておくだけで、業者が悪徳業者なのかすぐに見分けがつきます。悪徳外壁塗装業者の良くある手口9つを、以下にご紹介いたします。

 

悪徳業者手口その1:突然の無料点検

一般の優良業者は、突然の無料点検は一切いたしません。

お客様から依頼された後、点検をするのが一般的な流れだからです。そのため、突然チャイムを鳴らして訪問をし「無料点検しますよ」と、いかにも良い業者を装って外壁の点検をしたがります。

無料点検をすると言いつつ、いざ外壁の方に向かっても細かい点検はしません。最初から外壁を点検する気は一切なく、適当に見て不具合な部分をお客様に見せて「だから外壁塗装工事をしないといけない」と、促します。

たいていのお客様は外壁の塗膜が変になっていると気持ちが迫られてしまい、その業者にお願いするという流れとなってしまいます。しかし、突然無料点検業者は100%悪徳業者ですので、絶対に依頼してはいけません。

 

悪徳業者手口その2:訪問販売

頼まれてもいないのに無料で点検に行くほど、優良な業者は暇ではありません。

悪徳業者は訪問しないと仕事を持ってくる事ができないので、訪問販売にて仕事を得ようと必死になります。訪問販売で家に訪れる業者は、100%悪徳業者です。

 

悪徳業者手口その3:法外な値段

悪徳業者でよくあるパターンといえば、法外な値段を提出してくることです。普通に考えれば、法外な費用を提出された時点で高過ぎることに違和感に思い、お客様は怪しむに決まっています。

しかしお客様の中には外壁塗装の相場を知らない方も多いので、法外な値段を提示されても「これくらいが相場」と思い込んでしまい、高い費用にも関わらず工事を依頼してしまう方も少なくありません。外壁塗装工事の費用の相場は外壁の広さや選ぶ塗料などにもよりますが、60~2万円ほどです。

この費用よりもかけ離れた費用を提示してくる業者の場合、なぜそこまで高い費用となるのかを問い合わせてみましょう。

外壁塗装に詳しい業者であれば、瞬時に理由を述べてくれます。外壁にクラックなどの劣化があるなど、塗装以外に修繕すべき部分がある場合は費用が高くなることもあるので、先ほど記載した費用よりも高くなる場合は無いともいえません。

質問をした際に瞬時に答えられない法外な費用提出業者は、徳業者の証拠ですので、絶対に工事を依頼しないようにしましょう。

 

悪徳業者手口その4:大幅な値下げ

外壁塗装工事というのは、意外と高い費用となります。そのため外壁塗装工事をしたいけれどなかかなか検討できない、というお宅も少なくありません。そんな外壁塗装の工事費用を大幅値下げしてもらえると、こんなに助かる業者は無いと思うかもしれません。

しかし大幅な値下げというのは、一般の優良業者は絶対にしません。「半額」や「〇〇%値引き!」など、目を引く大幅値引きを記載してくるのは、悪徳業者のよくある手口です。

そもそも建物の工事というのは大幅値引きをする習慣というのはありません。見積もりの端数を切る程度は、ございます。一般的な優良業者は大幅に値引きをする見積書の作り方はせず、正直な単価を記入して見積もりを作ります。

そのため大幅な値引きというのは有り得ないということになります。大幅値引きをするということは、最初から見積書に嘘の高い単価を記載して、そこから値引きをしているという証拠になります。嘘の単価から値引きをするのは、嘘の見積書を作って提出した証拠となります。

お客様をだましている証拠になり、悪徳業者のよくある手口です。

 

悪徳業者手口その5:追加料金が増えていく

外壁塗装工事は、工事の途中で何かの変更をした場合は追加料金として費用が増える場合があります。しかし、悪徳業者というのは、最初に安い見積もりをわざと提出し、お客様の気を引いて仕事を契約し、その後に足りない分をどんどん理由を付けて追加工事として請求していくパターンが定番となっています。

大きな工事の内容変更をしていないのにもかかわらず「追加工事が必要になった」と理屈をつけてお客様を納得させて、追加料金を請求して費用を釣り上げようとします。

明らかな追加となる工事を依頼したことで費用が高くなるのは当たり前のことですが、そうではないのに追加料金を請求してくる業者は、アウト苦行者の証拠といえます。

工事前に請求書を提出されて安すぎる費用の場合、どこまで含まれている見積もり内容なのかしっかりと把握した上で、悪徳業者なのか優良業者なのかを見分けるようにしましょう。

 

悪徳業者手口その6:工程・工数に手抜きがある

外壁塗装工事というのは、工程と工数が大変多くあります。ただ色を塗る工事ではなく、清掃や劣化部分の補修、研磨試刷りなど、ペンキを塗る以外にも様々な工程や工数があります。見積もりや工程表を見ると工程や工数が記載ありますので、ある程度の内容が記載されているのかを確認しましょう。

明らかに少ない業者は、単なる手抜き業者ですので悪徳業者の証拠となります。気になる場合は、なぜ工程や工数が少ないのかを問い合わせてみると良いでしょう。

外壁の状態が良すぎて工程や工数が少ない場合もありますので、業者の言い分を聞くことも業者選びの1つのポイントといえます。まともな返事がすぐに返ってこない業者は、工程や工数が少ない理由をわかっていないので悪徳業者ということになります。

 

悪徳業者手口その7:「当社オリジナルの塗料」が売り文句

外壁塗装に使う塗料というのは、様々なメーカーで作っています。しかし、メーカーの数というのは限られています。悪徳業者被害でよく耳にする「当社オリジナルの塗料」というのは、絶対にありえない事実ということを覚えておきましょう。

その理由は、塗料というのは各有名メーカーが様々な研究を駆使してようやく完成させた、屈指の材料だからです。そんな紆余曲折を重ねてようやく出来上がった素晴らしい塗料を、その辺の業者が作れるわけがありません。

悪徳業者というのは、なぜか「自社オリジナル塗料がある」と言いたがります。そういう技術を持っている業者なんだから信頼できるとアピールをしたいのでしょうが、塗料を作れるわけがないので、嘘をついているという証拠といえます。

「当社オリジナル塗料」のワードが出た時点で、悪徳業者の証拠となります。

 

悪徳業者手口その8:契約をさせるために不安を煽ってくる

外壁塗膜に劣化がある場合、放置をしておくと雨漏りに繋がってしまうので危険といえます。しかし、優良な一般業者はお客様に不安を与えるような話し方で工事を得ようとは絶対にしません。

このような状態なのでと今の外壁状態をわかりやすく説明した上で、外壁塗装工事を急いだ方が良いという話し方をし、工事を行うかどうかはお客様にお任せします。その理由は、お客様のご自宅なので業者が強制的に塗装工事をさせようとする権利はないからです。

しかし悪徳業者というのは、あの手この手で言葉巧みに外壁塗膜不良の不安を与えて、お客様に外壁塗装工事を行わせようと暗示をかけるような言い方で迫ってきます。極端に不安に思わせるような業者は、お客様思いの業者ではないので悪徳業者ということになります。

 

悪徳業者手口その9:偽の写真を見せてくる

酷い悪徳業者になると、お客様のご自宅の外壁の写真ではなく他の家の外壁の写真を見せて、不安をあおり外壁塗装工事を進めてこようとするケースもあります。写真を見せられた場合は、その写真は自分の家の写真なのかを確認しましょう。

そして、この写真は外壁のどの部分なのか、実際に外に出向いて外壁と照らし合わせて確認しましょう。

それを拒む業者は、悪徳業者の証拠となります。

 

どうして?外壁塗装の悪徳業者に騙されてしまう理由

「自分は悪徳業者に何か騙されない!」と思っても、悪徳業者に騙されているお客様は年々増えています。

なぜ悪徳業者なんかに騙されてしまうのでしょうか。それは、以下の理由から発生してしまうものと考えられます。

 

値下げしてくれるなら…

外壁塗装工事というのは、安い費用の工事ではありません。そのため。悪徳業者得意の大幅値引きを提示されてしまうと「こんなに安くしてくれるなら!」と、ついつい依頼してしまうようです。

高い工事ですので安く済ませたい気持ちはわかりますが、工事費用には相場というものがあります。端数の値引きでしたらよくある流れですが、あまりにも極端な大幅値下げをする業者に心を奪われないように冷静になりましょう。

大幅値下げは悪徳業者の手口です。値下げという単純な手口には、絶対に騙されないようにしましょう。

 

早く修理しないと…と急かされるから

「早く!早く!」と急かされてしまうと、人間は即座に判断しないといけないと思ってしまうようです。

しかしその外壁塗装工事ℋが、本当に早く修理しないといけない状態なのでしょうか。工事を急かす口車というのは、悪徳業者独自の手口です。一般の優良業者は、絶対に急かしません。お客様の家なので、お客様の判断に任せます。

悪徳業者は仕事を数多く取ってくることが仕事みたいなものなので、急かしてお客様の心を動かして契約するパタ―ンを行おうとします。工事を急かす業者は、間違いなく悪徳業者です。

急かされても冷静に判断をして、必要な工事なのかどうか、この業者に依頼すべきなのかを判断して決めましょう。

 

専門的知識がないので相手の言うがままになってしまう

塗装というのは、建物の工事の中でも専門的な工事です。

そのため、お客様はプロである業者任せになってしまう傾向があります。悪徳業者は言葉巧みに話をしてくるので、お客様はついつい言葉にのまれてしまい依頼をしてしまう、という流れになってしまうことがあります。

工事費用も工事の仕方も全て、プロである業者任せにしてしまうのです。悪徳業者に騙されないためには、外壁塗装への知識をお客様も把握することです。

この塗料はこの程度の単価、何回工程でペンキを塗るのか、不具合部分はどのような補修方法があるのか、外壁の㎡数、この程度は覚えておくべきといえます。

 

契約をしないと帰ってくれないから

悪徳業者は、訪問すると執拗に迫って工事契約をするまで帰らない傾向があります。そのような執拗な態度を取る業者というのは、間違いなく悪徳業者です。しかし、お客様の中には早く返ってほしいからと思い、契約してしまう方も少なくありません。

外壁塗装工事というのは少ない費用での工事ではありませんので、安易に契約をしてはいけません。

執拗に迫って返ってくれない業者には「検討します」と言って帰ってもらいましょう。

頑なな意思を示せば、業者も諦めて帰ります。

 

ここに注目!優良な外壁塗装業者を選ぶポイント

それでは、優良な外壁塗装業者を選ぶためには、どのような部分に目を置くと良いのでしょうか。

以下のポイントをしっかり把握した上で、満足できる優良業者を選びましょう。優良外壁塗装業者を選ぶポイントを、以下にご紹介いたします。

 

事前情報をしっかり集めてから業者を選ぼう

現在はインターネットの時代ですので、インターネット上に業者の情報というのは山ほど転がっています。そのため、業者探しの際にはネット上で業者の事前情報を集めて検討しましょう。

どのような業者なのか、どのような塗装を得意としているのか、お客様の評判はどうなのか、最低でもこの3点は必ずチェックしましょう。

この3つのポイントがクリアできている業者であれば、優良で安心してお任せできる業者といえます。

 

契約書は隅々まで目を通すこと

外壁塗装工事をお願いする際。契約書を交わして工事を進めていきます。

契約書というのは内容が難しくて、しっかりと目を通さない方も少なくありません。しかし、しっかり目を通しておいて内容を把握しておかないと、今後トラブルが発生した際に困ってしまうことがあります。

請負代金や支払いのタイミング、保証内容、クーリングオフの内容など、必要なことがたくさん記載されていますので、必ず全てに目を通しましょう。契約書に以上のように細かい内容を記載している業者であれば、優良で安心してお任せができる業者といえます。

 

訪問販売が来ても即決しないこと

訪問販売は、ほぼ悪徳業者です。そのため、訪問販売と契約をしては、絶対にいけません。

訪問業者に外壁の傷み具合を促らされて不安になった場合は、訪問販売は断って地元の信頼できる優良業者に相談をしましょう。

訪問販売は悪徳業者ですので、絶対即決でお願いすることはしてはいけません。

 

「外装劣化診断士」「建築士」等の専門資格を持ったプロが診断していること

外壁の塗り替えの際、既存の外壁の状態を調べた上でどのような工事を行っていくかを判断します。その判断には必要な様々な知識があり、有資格者による診断を行うことが原則となっています。外壁の場合は、「外装劣化診断士」「建築士」「建築施工管理技士」「木造建築士」などの有資格者により外壁診断をし、どのような補修の後外壁塗装を行うべきなのかを提案してくれます。

相談をし訪問してくれた業者には以上の資格を持っている人はいるのかを、確認しましょう。

近年これらの資格は免許証型の資格証となったので、資格証を見せてほしいとお願いすると見せてくれます。悪徳業者には、このような有資格者は在籍していません。

 

もう手遅れ?悪徳外壁塗装業者と契約してしまったらどうする?

悪徳業者には絶対に依頼してはいけないとわかっていつつも、結果的に契約してしまう場合はあります。

その場合は、早めの対処でどうにかなる場合があります。もし悪徳業者と契約をしてしまった場合、以下のような対処を取りましょう。

 

訪問販売なら「クーリングオフ制度」を利用しよう

悪徳業者が訪問販売の場合、「クーリ一ングオフ制度」を利用して契約を解約にできます。

「クーリングオフ制度」というのは、一定の条件を満たすことにより、消費者側から無条件で契約の解除ができる制度です。訪問販売の場合、契約した日から8日以内であればクーリングオフ制度を使うことができます。

なお消費者が自分の意思で店舗や営業所に出向いた場合は、クーリングオフ制度の対象にはなりません。

 

国民健康生活センターなどの窓口に相談

悪徳業者に騙された場合、国民健康生活センターが相談に乗ってくれます。

悪徳業者からの消費者日が嫌電話勧誘販売など、様々な悪徳業者がらみのトラブルに対して、今後どのように対処をしていけばよいのかを教えてくれます。国民健康生活センターは年々利用者が増えており、それだけトラブルに遭っている消費者が多いという証拠といえます。

ご高齢の方の被害も多く挙がっており、どのような年代の方にも親切丁寧に対応してくれますので、どこに相談をしていいのかわからない場合は、国民健康生活センターに相談をすると良いです。

 

外壁塗装の悪徳業者についてまとめ

いかがでしたでしょうか。
悪徳業者の手口というのは実に特徴的なのですが、それでも騙されてしまう方は存在しており、年々増加傾向があります。

ご紹介しました様々なポイントを理解して把握しておくことで、悪徳業者からの被害に遭わない、安心した外壁塗装工事が実現します。

冷静に業者と対応し、優良な業者に理想の外壁塗装工事をお願いしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

-外壁塗装トラブル
-,