外壁塗装の塗料

外壁塗装で人気のシリコン系塗料とは?特徴や選ぶときの注意点を解説

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

シリコン系塗料といえば、外壁塗装の普及品の塗料として周知されているおなじみの塗料です。

シリコン系塗料を選んでおけば無難と思うかもしれませんが、いくつかの注意点やポイントを把握しておくことで、シリコン系塗料を使った理想の外壁塗装になります。

シリコン系塗料とはどのような塗料なのか、特徴や注意点など知っておくべき様々なポイントをご紹介いたします。

 

外壁塗装で使われるシリコン系塗料とは

シリコン系塗料は、外壁塗装に使う塗料の中で最もスタンダードな塗料の1つです。外壁塗装市場にて80%ものシェアを誇る、人気の塗料です。

人気の理由は、価格が高くない上に耐用年数が伴っていることによる、費用対効果の良さです。また、機能性も持っている塗料であり、耐候性や低汚染性など、価格から考えると想像できない高い機能性を発揮します。総合するとバランスが良い塗料であり、外壁塗装にて良く選ばれる人気の塗料です。

塗装業者に外壁塗装の見積りをお願いすると、ほとんどの場合シリコン系塗料で見積もりを作ってきます。

シリコン系塗料とは、塗料の中に含まれている樹脂という成分がシリコンの塗料です。塗料は含まれている樹脂の種類により名称が決まっており、配合されている樹脂によって塗料の性能は大きく異なります。

シリコン樹脂の性能は、汚れにくく紫外線に強いので塗膜が劣化しにくいことです。

もっと耐久年数が長い塗料はいくらでもありますが、費用対効果で考えるとシリコン系塗料のようなバランスが取れた塗料は他にはありません。

 

外壁塗装でシリコン系塗料が人気の理由

なぜ、外壁塗装ではシリコン系塗料の人気が高いのでしょうか。上記でもご紹介した通り、シリコン系塗料は価格はそれほど高くないにもかかわらず、様々な機能性を発揮します。

どのような特徴があり人気があるのか、以下にご紹介いたします。

シリコン樹脂の性能は、汚れにくく紫外線に強いので塗膜が劣化しにくいことです。もっと耐久年数が長い塗料はいくらでもありますが、費用対効果で考えるとシリコン系塗料のようなバランスが取れた塗料は他にはありません。

外壁塗装でシリコン系塗料が人気の理由

外壁塗装でシリコン系塗料に人気がある理由は、中間クラスの価格でありながら様々な機能を持っていることです。

シリコン系塗料にはどのような機能があるのか、以下にご紹介いたします。

  • 耐候性に優れている
  • 光沢が長持ちする
  • 耐熱性に優れているので熱損傷しにくい
  • 耐水性に富んでおり撥水効果を発揮する
  • 透湿性があり内部結露が発生しにくい
  • 防汚性に富んでおり汚れが付着しにくい

このように、中間クラスの価格でありながら様々な機能を持っている塗料ということがわかります。

外壁というのは雨や紫外線などの外的刺激にさらされる部位なので、このような様々な機能を持っているシリコン系塗料を塗布しておけば間違いはない、といっても良いでしょう。

ただし、シリコン系塗料にも様々な塗料があり、グレードや性能の良さはメーカーや商品により異なるというのが現状です。

そのため商品によっては上記に記載した機能が乏しいものもあります。実際にシリコン系塗料を選ぶ際は、商品の性能を細かくチェックしましょう。わかりにくい場合は、業者に相談をしてお客様が希望する機能のシリコン系塗料を選んでもらうと良いでしょう。

 

シリコン系塗料で外壁塗装するメリット

シリコン系塗料には他の塗料と比較して、様々なメリットがあります。

どのようなメリットがあるのか、以下にご紹介いたします。

メンテナンスコストを抑えることができる

外壁塗装のメンテナンスというのは、平均10年ほどで行わないといけません。

例えば30歳で家を建てた場合、1回目の外壁塗装のリフォームは40歳くらいとなります。そこから80歳までその家に住むと仮定し、40年間のメンテナンスコストが何回やってくるかというのは、使う塗料により、大きく異なります。選ぶ塗料により、メンテナンスの頻度が10年ごとなのか、15年ごとなのかは異なります。

外壁塗装の中で1番安価な塗料であるアクリル系塗料は、塗り替えのスパンが5年ほどであり、1回あたりの外壁塗装の費用は70万円ほどとなります。シリコン系塗料の塗り替えスパンは10年ほどであり、1回あたりの外壁塗装の費用は100万円ほどです。

シリコン系塗料よりも塗り替えスパンが長いフッ素系塗料は塗り替えスパンが15年ほどであり、1回あたりの塗装の費用は120万円ほどとなります。これらの3つの塗料を比較してみると、1回あたりの外壁塗装の費用が1番安価なアクリル系塗料が630万円ほどのトータルコストとなり、シリコン系塗料のトータルコストは500万円ほど、フッ素系塗料のトータルコストは350万円ほどで1番安価です。

しかしフッ素系塗料は1回の外壁塗装にかかる費用が高いので、住宅の外壁塗装工事では普及していない塗料です。

そのため、住宅の外壁塗装として比較して考える材料にはならない塗料となります。

住宅の外壁塗装のメンテナンスコストを抑えることができる適切な塗料は、シリコン系塗料ということになります。

 

コストパフォーマンスが高い

中間クラスの費用で外壁塗装工事ができるシリコン系塗料は、費用の割には耐用年数が長いです。

そのため、長期的にみるとコストパフォーマンスが高いです。

外壁塗装に使う塗料は、シリコン系塗料よりも安価な塗料は他にもあります。安価な塗料の方がコストパフォーマンスが低いと思うかもしれませんが、そうではありません。

シリコン系塗料とウレタン系塗料の単価と耐用年数を、以下に比較してみます。

  • シリコン系塗料:㎡あたり2,300~3,000円程度・耐用年数10~15年程度
  • ウレタン系塗料:㎡あたり1,500~2,200円程度・耐用年数8~10年ほど

単純にこの2つの塗料を比較すると、単価はウレタン塗料の方が安価です。

しかし費用対効果を考えると、1度に支払う費用はシリコン系塗料の方が高いですが、トータルするとシリコン系塗料の方が安上がりの費用となります。

耐用年数がシリコン系塗料の方が長いので、外壁塗装工事ごとに発生する仮説工事の回数を減らすことができるので、最終的には安上がりとなります。

外壁塗装工事は高い費用が掛かる工事なので、目先の費用に目が行きがちです。でも、大事な部分は単価の安さよりもコストパフォーマンスの高さの方が重要です。

 

汚れにくい

外壁塗膜は雨や紫外線などの外的刺激の影響を大きく受ける部位なので、どうしても汚れやすい傾向があります。

塗料の中には汚れにくい低汚染機能を持っている塗料があり、シリコン系塗料もそのうちの1つです。

低汚染性塗料が汚れにくい塗膜を保つ理由は、汚れが付きにくい塗膜というわけではありません。塗膜の上に透明な1枚の薄い膜が張っており、その上の汚れが付着するので雨などの水分が当たることで汚れを洗い流すことができます。そのため、汚れが定着しにくい塗膜を保つ事ができます。

外壁塗膜に付着した汚れというのは、雨などの水分が流れることで綺麗に流れてくれるような感じがするかもしれませんが、そのようなことはありません。

汚れというのは油性であり、雨などの水分は水なので、油と水が馴染むわけがありません。

低汚塗料は、薄い膜の上で水が馴染みやすい親水性効果を発揮します。そのため、汚れと塗膜の間に雨水が入り込むので、汚れを洗い流すことができます。

低汚染塗料は塗料の値段が高いのですが、シリコン系塗料は低汚染塗料の中で1番安価な塗料であり、お安い費用で低汚染性効果を発揮させることができます。

塗料の種類が豊富

シリコン系塗料は外壁塗装の中で普及品の塗料であるゆえに、塗料の種類が豊富にあります。

そのため、数ある塗料の中から好みの塗料を選んで採用することができます。

そのため好みの性質の塗料に出会いやすい塗料です。こんな塗料で外壁塗装をしたいと思ったら、その希望に合う塗料に出会えます。

ベーシックなシリコン系塗料をはじめ、機能性に富んでいるシリコン系塗料など、様々な塗料があります。様々な塗料の種類がありますが、シリコン系塗料ほど種類が多い塗料は他にはありません。

 

シリコン系塗料で外壁塗装するデメリット

シリコン系塗料は費用対効果が高く、外壁塗装に人気の塗料です。しかし、デメリットもあります。

シリコン系塗料を選ぶ際はデメリットも把握した上で、自宅の外壁塗装に向いている塗料なのかを考え検討しましょう。シリコン系塗料のデメリットを、以下にご紹介いたします。

ひび割れしやすい

シリコン系塗料の塗膜は、他の塗料で作った塗膜と比べると硬いです。

そのため追従性があまりないことによりひび割れが発生しやすい塗膜となってしまいます。素材が凝縮しやすいモルタルやコンクリートの場合、シリコン系塗料の追従性の無さにより、塗膜にひびわれが発生しやすくなります。

ただしモルタルやコンクリートのような素材が凝縮しやすい外壁素材の場合は、シリコン系塗料の弾性タイプの塗料を使うことで、追従性がある柔らかくゴムのように伸びやすい塗膜となります。

モルタルやコンクリートの外壁の場合にシリコン塗料を使いたい場合は、弾性塗料を使いたいと業者に相談すると良いでしょう。

弾性塗料はゴムのように伸びる塗膜になるので、既に外壁にひび割れが発生している場合でもゴムのような塗膜で覆うことができるので、雨などの水分がひび割れ部分に当たっても雨漏りが発生する心配がありません。

密着性が低い

シリコン系塗料は、密着性に乏しいデメリットがあります。

そのため、重ね塗りが難しく、重ね塗りをすると新しい塗膜が剥がれ落ちてしまうことがあります。重ね塗りをする場合は、既存の外壁塗膜に使っている塗料に適した下塗り塗料を採用することで、密着性を高めることができます。

この特性を知らない業者にシリコン系塗料での外壁塗装の塗り替えを依頼すると、塗料の密着性を高めることができなくなり、施工不良が発生する場合があります。

そのため外壁塗装にシリコン系塗料を採用したい場合は、シリコン系塗料での塗装の実績が豊富な業者を選ぶことが大事です。

 

高耐久塗料に比べて耐久性が低い

シリコン系塗料は、数ある外壁塗装に使う塗料の中で中間暮らしの耐久性です。

そのためフッ素系塗料やラジカル系塗料、無機塗料などの高耐久塗料と比べると、耐久性は乏しくなってしまいます。耐久性は低いシリコン系塗料ですが、費用対効果で考えるとシリコン系塗料が1番お得にメンテナンスを行える塗料となります。

高耐久塗料は1度塗布すると愛嬌年数は長いですが、1回に支払う費用が高いので一般の家庭では採用しにくいデメリットもあります。

 

シリコン系塗料と他の塗料との比較

シリコン系塗料は外壁塗装の普及品の塗料で、外壁塗装に採用される事が多い塗料です。

しかし安易に外壁塗装をシリコン系塗料に決定するのではなく、他の塗料とはどう違うのかをチェックした上で塗料選びを検討しましょう。

シリコン系塗料と他の塗料との違いを、以下にご紹介いたします。

 

アクリル系塗料

アクリル系塗料はアクリル樹脂を主成分とした塗料であり、30年ほど前に外壁塗装に使われる事が多かった塗料です。

現在は他の機能性に富んでいる塗料がたくさん出てきたことにより、外壁にはなかなか使われることがなくなりつつある塗料です。

シリコン系塗料と比べると耐用年数が低く、塗料によってはシリコン系塗料の半分の耐用年数しか発揮しない場合があります。

しかし単価はシリコン系塗料の7割程度の費用なので、頻繁に外壁の色を変えたい方にはアクリル系塗料も選択肢の1つといえます。

関連記事アクリル系塗料で外壁塗装するメリット・デメリット|特徴や使用上の注意を解説

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料はウレタン樹脂を主成分とした塗料であり、シリコン系塗料と同様に種類が豊富であり汎用性がある塗料です。

弾性に富んでいるので、既に外壁にクラックが入っている場合でも追従性ある塗膜となり雨漏りしにくい状態になります。

ただし、シリコン系塗料と比べると塗膜が膨らむリスクが高く耐久性も低いので、外壁のような雨や紫外線などの外的刺激の影響を受けやすい部分にはウレタン系塗料は不向きといえます。

関連記事ウレタン系塗料とは?外壁塗装で使用するメリットや使用に適したケースを解説

 

フッ素系塗料

フッ素系塗料は、蛍石を原料とし、フッ素樹脂をプラスした塗料です。耐久性や耐候性、親水性、低摩耗性、耐摩耗性に富んでおり、塗膜の耐用年数も長いです。

しかし、耐用年数が長い分コストは高くなってしまい、シリコン系塗料の1.6倍ほど費用が高くなります。

そのため、まだまだ住宅には普及していない塗料です。1度に支払う費用の高さを考えると、フッ素系塗料は機能性には大変飛んでいますが、シリコン系塗料の方が住宅の外壁塗装に適しています。

 

無機塗料

無機塗料は、塗膜が劣化する成分である有機物の含有率が非常に低い塗料です。無機塗料という名称から有機物は一切含まれていないように思う方もいるようですが、塗料に柔らかさを与えるために微量ですが有機物は含まれています。有機物の含有率が非常に少ない塗料なので、塗膜が劣化しにくく耐用年数が長い塗料です。

ただし単価が高く専門性が高い塗料となるので、住宅には不向きな塗料といえます。

無機塗料はシリコン系塗料よりもはるかに耐用年数は長いですが、費用の高さを考えると、シリコン系塗料の方が外壁塗装に向いているといえます。

 

シリコン系塗料の代表的なメーカーと製品

シリコン系塗料は外壁塗装の中でも普及品の塗料であるゆえ、様々な有名メーカーから多くの塗料が販売されています。

シリコン系塗料の代表的なメーカーや製品を、日本でトップシェアを争う3つのメーカーにて以下にご紹介いたします。

日本ペイント

日本ペイントは、明治14年創業の140年を超える老舗の塗料メーカーです。

塗料に関連する様々な課題を研究しており、機能性に富んだ塗料を多く販売しています。

日本ペイントの代表的なシリコン系塗料は、ハナコレクション100ファインや水性サーモアイウォールSi、水性シリコンセラUV・オーデフレッシュSi100 IIIなどがあります。

SK化研

SK化研は、建築意図材の総合メーカーであり、昭和30年創業の建築仕上げ塗材国内シェアNo.1の企業です。

様々な国に事業所を構え、それぞれの国で建築文化の向上に貢献しています。

SK化研の代表的なシリコン系塗料は、水性セミシリコンやクリーンマイルドシリコン、プレミアムシリコン、水性クールテクトSiなどがあります。

関西ペイント

関西ペイントは、1918年に設立の世界にも進出している塗料メーカーです。

塗料だけではなく、バイオに関する開発も行っており、幅広い技術を持っている企業です。塗料に様々な機能を付加することも可能であり、便利な機能性を持つ塗料に出会うことができます。

関西ペイントの代表的なシリコン系塗料は、セラMシリコンⅡやコスモマイルドシリコンⅡ、アレスアクアシリコンACⅡ。コスモシリコンなどがあります。

 

外壁塗装でシリコン系塗料の使用が適しているケース

外壁塗装には、シリコン系塗料の使用が適しています。そういえることには、いくつかの理由があります。

どのような理由の場合シリコン系塗料の使用が適しているのか、以下にご紹介いたします。

価格と耐用年数のバランスを重視したい

シリコン系塗料は、費用対効果が高い塗料です。費用は外壁塗装の塗料の中で中間クラスですが、耐用年数も加味して考えると、シリコン系塗料は価格と耐用年数のバランスが非常に良い塗料です。

他にも耐用年数が長い塗料はたくさんありますが、費用が高過ぎるので住宅の外壁塗装で1度に支払うには高くて採用しにくい塗料となってしまいます。

価格と太陽年数のバランスを考えた外壁塗装工事を行いたいのでしたら、シリコン系塗料が適しています。

 

美しい外観を長持ちさせたい

シリコン系塗料は低汚染性であり、表面が強靭な層で作られている樹脂によって親水性効果を発揮し、汚れにくい塗膜を保つことができます。

塗膜の表面に薄い膜が1枚あり、その上に浮くように汚れが乗る仕組みとなっており、雨などの水分が塗膜に当たると浮いている汚れは綺麗に洗い流されます。

そのため外壁塗膜に汚れが付着しにくく、いつまでも美しい塗膜を長持ちさせることができます。

メンテナンスの手間を減らしたい

シリコン系塗料の耐用年数は、8~15年程度です。

耐用年数に幅があるのは、下地の状態や使うシリコン系塗料により異なります。

古い建物の場合、アクリル系塗料やウレタン系塗料を外壁塗装に使っているケースがほとんどであり、シリコン系塗料を使うことにより、耐用年数が長くなるのでメンテナンスの手間を減らすことができます。

 

外壁塗装のシリコン系塗料を選ぶときのポイント

シリコン系塗料といっても、様々なメーカーや種類があります。普及品の塗料なので、他の塗料と比べると種類はかなりあるので、どの塗料を選ぶと良いのかわかりにくいという方もいると思います。

そこで、どのシリコン系塗料を選ぶべきなのか、選ぶ際のポイントを以下にご紹介いたします。

シリコン樹脂の含有率を確認する

シリコン系塗料というのはシリコン樹脂が主成分ですが、アクリル樹脂も混合しています。

そのためどれだけの量のシリコンが含有されているかにより、塗膜の出来が大きく変わります。シリコン系塗料の内容をチェックしてみると、シリコン含有率は商品によりまちまちです。

低い塗料は20%以下のものもあり、高い塗料は65%のものもあります。シリコン樹脂の含有率が高いほど高い機能性を発揮するので、シリコン樹脂の含有率を重視した上で塗料を選びましょう。

 

製品ごとの色のラインナップを確認する

塗料というのは、製品により色のラインナップガ異なります。そのため、自分の理想に合う色に出会うために、製品ごとの色のラインナップを確認しましょう。

色見本は業者に頼むと持ってきてくれますので、外部で外壁にあてて確認しましょう。

 

溶剤タイプ・水性タイプどちらがいいかを検討する

外壁塗装に使う塗料には、溶剤タイプ(油性)と水性タイプの2つの種類があります。

以前は外壁塗装には耐候性を求めるために、溶剤タイプ(油性)しかありませんでした。

しかし溶剤タイプ(油性)はシンナーで塗料を希釈したものなので、シンナー独特の嫌な臭いがするので嫌がられる傾向がありました。そのため、近年開発されて採用される事が多くなってきているのが、外壁塗装用の水性塗料です。

水性でありながら耐候性にも富んでいるので、外壁塗装に申し分ない塗料となります。

水性は水で塗料を希釈しているので、溶剤系(油性)のような独特のシンナー臭さがなく、快適な外壁塗装工事となります。

 

まとめ シリコン系塗料による外壁塗装は業者選びも重要

外壁塗装の普及品の塗料でありシリコン系塗料は、様々な住宅で使われている人気の塗料です。

様々なメリットもあり費用もお手頃なので、外壁塗装を検討される際にはシリコン塗料を検討材料にされることをおすすめします。

低汚染性や機能性にも富んでいますので、理想の外壁塗装工事になるでしょう。

こちらもCHECK

ウレタン系塗料外壁塗装
ウレタン系塗料とは?外壁塗装で使用するメリットや使用に適したケースを解説

ウレタン系塗料は以前外壁塗装に幅広く使われており、リーズナブルな面が人気を得ていた塗料です。 しかし近年は様々な機能性ある塗料の発売により、ウレタン系塗料は人気に陰りが出てきてしまい、使われる事が少な ...

続きを見る

こちらもCHECK

アクリル系塗料で外壁塗装
アクリル系塗料で外壁塗装するメリット・デメリット|特徴や使用上の注意を解説

アクリル系塗料は外壁塗装をはじめ、日用品や看板、照明器具のカバーなどにも使われている、マルチな塗料です。 30年以上前には非常に人気の塗料でしたが、近年は採用される事が少なくなってしまった塗料です。 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

-外壁塗装の塗料
-,