外壁塗装の基礎知識

外壁塗装のメリットとは?外壁塗装の必要性と優良業者を見極めるポイント

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

住まいが古くなってくると、ご近所の綺麗な外壁や外壁塗装の広告が気になるものです。

外壁は綺麗であることに越したことはなないですが、外壁塗装は大きなお買い物ですので、本当に必要なことなのか気になる方もいると思います。

外壁塗装を行うことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。外壁塗装のメリットなど把握しておくべきポイントを把握しておくべきことを、以下にご紹介いたします。

外壁塗装をするメリット

外壁塗装を行う上で得ることができるメリットについて、以下に解説いたします。

住まいの外観を美しくする

外壁塗装を行うことで得られるメリットの中で、お客様が最もわかりやすいことといえば、住まいが美しく綺麗になることです。

新築から10年程度経過すると、経年劣化により塗膜は色あせてしまい、汚れやカビ、コケなどの劣化があちこちに見られるようになります。

そのため外壁は古びた雰囲気となってしまい、新築当時の綺麗で美しい雰囲気は失われてしまいます。外壁が古びてしまう前に外壁塗装を行うことにより、いつまでも色あせない外壁とすることができます。外壁は建物の顔といっても過言ではないほど、大事な外観です。

建物の顔を汚さないように、綺麗な状態をキープしましょう。

外壁に防水や遮熱などの機能を追加できる

近年は、様々な機能性を持っている塗料が多く販売されるようになりました。主に、以下のような機能性塗料があります。

防水塗料

使う塗料に混ぜる防水材であり、混ぜることにより防水力が高い塗膜となります。外壁から雨漏りが発生していて、どこから発生しているのか見当つかない場合、防水塗料を塗料に混ぜて塗布することで、外壁からの雨漏りを止めることができます。

防水塗料は様々な塗料に混ぜることができるので、外壁からの雨漏りが気になる場合は業者に相談をして利用を考えると良いでしょう。

 

遮熱塗料

遮熱塗料は、塗料の中に太陽光を跳ね除ける効果を発揮させる素材が含まれている塗料です。

太陽に対して垂直にある部分に高い効果が発揮され、外壁の場合太陽に対して垂直な位置ではないので高い遮熱効果は期待できません。

遮熱機能を住まいに取り入れたい場合は、屋根に遮熱塗料を塗布することをおすすめします。屋根に遮熱塗料を塗布することにより、屋根からの暖気や寒気が入りにくくなるので、夏涼しく冬暖かい最高の住まいとすることができます。

 

断熱塗料

断熱塗料は、塗料の中に中空ビーズという発泡スチロールが細かくなったものが入っており、それが断熱材代わりになり塗膜に断熱効果を発揮させます。

断熱塗料は外壁に大きな効果を発揮させることができ、建物の外側にグルっと1枚断熱材を巻いたような、外断熱の機能を発揮します。

住まいが古く夏暑く冬寒い建物には、省エネ効果を高めるのでおすすめです。外断熱よりも簡単に施工が可能となるので、採用するお宅が増えています。

 

親水性塗料

親水塗料は、塗料の上面に薄い膜が張っており、その上に汚れが付着した後に雨などの水分が塗膜に付着することで、汚れと一緒に洗い流すことができます。

そのため、常に綺麗な外壁をキープすることができます。酸性雨に強い性質を持っているので、塗膜が劣化しにくいメリットも持っています。

シリコン塗料やフッ素塗料、光触媒塗料、無機塗料などに親水性があります。

日陰の空気の通りが良くない部分に発生するコケやカビも洗い流すことができるので、カビや苔、汚れに悩んでいる外壁にオススメの機能です。汚れに悩んでいた外壁が、常に綺麗な状態をキープすることができます。

 

弾性塗料

弾性塗料は、塗膜がゴムのように伸びる塗料です。

弾性塗料で外壁を覆うことにより建物に地震などの動きが発生してもゴム膜に守られているので、塗膜や外壁材にクラックが入りにくいメリットがあります。

また素手の外壁材にクラックが入っている場合でも、弾性塗膜というゴムのような塗膜で外壁全体を覆っているので、雨が降っても外壁材のクラック部分がゴム膜に覆われているので、雨が入って雨漏りが発生する心配がありません。

窯業系サイディングと相性が悪いので、窯業系サイディングには使うことができません。

 

耐摩耗性・高耐久性

耐摩耗性塗料は、塗膜に摩擦の圧がかかった場合でも、塗膜が劣化しにくい機能を持っています。

外壁は厳しい外的刺激を受ける部位なので、耐摩耗性機能を持つ塗料は大変心強いです。フッ素系塗料や光触媒塗料、無機塗料などが持っている機能であり、これらの塗料は高耐久性の塗料としても親しまれています。普及品であるシリコン塗料と比べると2倍もの高耐久性を発揮するので、メンテナンスの手間がかかりません。

 

防カビ塗料

日が当たりにくい影に部分の壁面は、カビや藻が発生してしまいやすいです。

そのような日があたりにくく風通りの悪い部位には、防カビ塗料が適しています。防カビ塗料も防水塗料と同様、一般の塗料に混ぜて使う使い方が大半です。

 

防腐性

外壁に木材を使う場合、無垢材なので外的刺激に弱く劣化しやすいのが難点です。外壁に木合いを使う際は、防腐剤配合の塗料を使うことで、外壁に使っても外的刺激に強い木材とすることができます。

有名どころでは、オスモカラーやガードラックなどがあり、安価購入ができます。

難点は耐久性に乏しい事であり、短期間での塗り直しが必要となります。少し手間がかかりますが、定期的に塗り直しを行うことで、綺麗な木製外壁状態を保つ事ができます。

 

香りがする塗料

近年女性に人気があるのが、香りがする塗料です。

香りがする塗料は塗料の中に香料が配合されており、塗料を塗布して硬化した後に、ほんのり香る塗膜となります。

塗料といえば色合いを楽しむことができるというイメージしかありませんでしたが、香りも楽しめるということで採用されるお宅が増えました。バラの香りなど、様々な香りがあります。

 

耐久性を高め住まいの寿命を延ばすことができる

外壁塗膜を定期的に塗り直しすることにより、常に強い塗膜に建物が守られている状態となり、建物の寿命を延ばすことができます。

外壁というのは塗膜で様々な外的刺激を遮断することさえできれば、建物内部に不要な物が入り込まないので、建物を劣化させる材料を与えることなく済みます。

 

外壁の劣化を遅らせられる

定期的に外壁塗膜を塗り直すことにより、外壁の劣化を遅らせることができます。

外壁を守っているのは外側にある塗膜であり、塗膜さえしっかりしていれば外壁に余計な負担がかからないので、劣化を最小限に留めることができます。

 

住宅の資産価値を守れる

外壁塗装のメンテナンスを定期的に行って常に綺麗な外壁状態にしておくことで、建物の外観が綺麗に見えるので住宅の資産価値を守ることができます。

例えば、やむなき理由で住まいを売却する際、建物の外観である外壁が綺麗であれば売買価格も上がります。外壁は建物の顔のような存在なので、外壁1つで資産価値の状態が左右されます。

 

 

外壁塗装のデメリット

外壁塗装を行うことでのメリットをご紹介してきましたが、逆に外壁塗装を行うことでのデメリットはあるのでしょうか。

外壁塗装を行うことで発生することでのデメリットを強いて挙げるとすれば、外壁塗装を行う際に費用がかかることです。

足場や塗装費用を全て含めると、1件およそ100万円かかります。費用が掛かる以外には、外壁塗装を行うことでのデメリットはありません。

 

外壁塗装は絶対に必要なのか

外壁塗装を行うことが絶対に必要である理由は、外壁塗装をしないと住まいを末永く守り続けることができないからです。

そのため、大きな費用がかかっても行わないといけない、大事なメンテナンスです。

大事な住まいに長く住み続けるためには外壁塗装を行うことが重要ということを、しっかり覚えておきましょう。ただし、外壁塗装工事は安い買い物ではなく、どんなに良い塗料を使ったとしても最終的には劣化してしまいます。

採用する塗料の特徴を良く把握し、塗膜が劣化する前に塗り替えを行うようにしましょう。

 

外壁塗装をしなかった場合に考えられるリスク

外壁塗装というのは、想像以上に必要であるメンテナンスです。

しかし多くの費用がかかるので、どうしても先延ばしにして適切なタイミングに外壁塗装を行わない建物があります。

一見外壁塗装を定期的に行わなくても、そのまま住み続けることができるように思えるかもしれません。しかし、外壁塗装のメンテナンスをしなければ、様々なリスクが降りかかってきます。どのようなリスクが発生するのか、以下にご紹介いたします。

耐用年数の低下・住まいの寿命の短縮

外壁塗膜は外壁自体を守っているので、外壁塗装をせずに放置しておくと外壁の耐用年数が低下してしまいます。

外壁素材自体に雨などの水分が浸透しやすくなってしまい、外壁の素材自体が劣化してしまい使えなくなってしまいます。

外壁に守られない建物となってしまうので、住まいの寿命が短くなり長く住み続けることができない建物となってしまいます。

 

建物の劣化が進行する

定期的な外壁塗装を行わないことで、外壁に守れない建物となることにより建物の劣化が進行してしまいます。

雨などの水分が壁内部に浸透して建物内部に入り込むことで、構造体や断熱材に水分による被害を与えてしまい、構造体はどんどん腐食してしまいます。

断熱材は水に弱く、1度水に触れてしまうと断熱効果がゼロになってしまい、その後に乾燥して水分がなくなっても断熱効果は復活せず、夏暑く冬寒い最悪な建物になってしまいます。

省エネ効果が無い建物なので、非常に住みにくい住まいとなってしまいます。

また内部に雨などの水分が浸透することによりカビなどの微生物が発生しやすい環境となり、ぜんそくなどのアレルギーがご家族を襲ってしまいます。既にアレルギー気質を持っている方は、アレルギーの度合いがどんどん酷くなってしまいます。

補修費用が嵩む

以上でご紹介した劣化部分は、取り替えすることに非常に多くの手間がかかってしまいます。

そのため費用も膨大にかかってしまいます。外壁塗膜の劣化のみであれば外壁塗装工事のみの工事費用で済むはずだったのが、外壁塗装のメンテナンスを行わないことで状態が悪化してしまうことにより、補修する箇所が増えてしまい費用も高くなってしまいます。

 

外壁塗装のメリットを最大限に得る方法

外壁塗装のメリットを最大限に得るには、いくつかのポイントがあります。

それらを把握しておくことで、納得できる外壁塗装メンテナンスとなります。外壁塗装のメリットを最大限に得る方法はどんなことなのか、以下にご紹介いたします。

 

耐用年数の長い塗料で外壁塗装をする

外壁に使うことができる塗料は様々な種類があり、耐用年数はピンキリです。

5年程度の耐用年数の塗料もあれば、25年の耐用年数の塗料もあります。

耐用年数の長い塗料で外壁塗装を行うことにより、長期間メンテナンスを行わなくて良い、管理が楽な外壁となります。

ただし塗料というのは耐用年数が長ければ長いほど、単価も高くなってしまいます。しかし、耐用年数が長い塗料というのは外壁材や建物に悪影響を与えにくいので、様々な面でメリットが多い塗装メンテナンスになります。

 

定期的に外壁を検査する

既存の外壁の塗膜は、定期的に検査をしましょう。塗膜の検査はお客様でもわかりやすく、塗膜に手を触れてチョークの粉のような白い粉が付着した場合は、塗膜が劣化し始めているサインとなります。

ただ塗膜に手を触れるだけでわかる検査方法ですので、誰でも出来る簡単な検査です。どのような塗料を使って塗った外壁かにより塗膜の劣化時期が異なり、早い場合は5年程度で塗膜が劣化してチョーキングが発生することがあります。少しでも手に白い粉のような物が付着したら、業者に相談をしてもらい点検をしてもらいましょう。

軽度なチョーキングで塗装のメンテナンスを行う場合、少ない費用で済む場合もあります。

訪問業者に依頼しない

外壁塗装工事に付きものといえば、訪問業者です。訪問業者は建物の外面をチェックして、少しでもおかしなところがあれば大げさに話をして工事をさせたがります。

外壁の悪いところをわざわざ教えてくれるなんて親切な人だと思うかもしれませんが、親切で良い業者ではありません。訪問業者のほとんどは、悪徳業者です。

悪徳業者は言葉巧みにお客様を工事に誘い入れて、契約をしたら後は適当に工事をして終わらせます。そのため、1年で塗膜が剥がれたなど、信じられない状態が発生してしまうことは珍しくありません。

訪問業者に外壁塗装のことを指摘されても、絶対に頼んではいけません。訪問業者に言われて外壁塗装の状態が気になる方は、地元の優良業者に相談をして外壁塗装の検討をしましょう。

 

優良業者を見極めるポイント

外壁塗装というのは、塗装工程や塗り方など様々な必要となるポイントがある工事です。

そのため優良な業者ではないと綺麗で頑丈な塗膜へと完成させることはできません。

優良業者に外壁塗装を依頼して、納得ができる最高の外壁塗膜を作りましょう。優良業者を見分けるポイントを、以下にご紹介いたします。

 

しっかりとした保証制度がある

家電を買うと必ず保証がついてきますが、外壁塗装も保証制度がトラブル回避の大きなカギとなります。外壁塗装完了後も長く住み続けていくために、しっかりとした保証制度がある塗装屋さんに外壁塗装工事をお願いしましょう。外壁塗装には、「製品保証」と「工事保証の2つの保証があります。

製品保証

塗料メーカーにて、工事で使った塗料に対し出す保証です。塗料製品に瑕疵があった場合に、塗料メーカーの方で塗料費用を上限として保証します。あくまで塗料自体に対する保証なので、工事内容の保証とはなりません。

 

工事保証

工事保証は、文字通り工事中に発生した瑕疵に対して工務店が工事に対し支払う保証です。工務店や工事内容により、保証してくれる年数や保証の範囲が異なります。

もう1つ目を向けてほしいのが、外壁塗装の「保証」への誤解です。

「工事保証10年」などの保証期間を目にする場合がありますが、この保証の場合、10年間で塗装に不具合が発生した際に全て保証してもらえると思うかもしれません。でも、それは違います。

この「工事保証10年」での外壁塗装の保証は「外壁塗膜の剥がれ」のみの保証です。塗装でよく発生する「ヒビ」ですが、ヒビは塗装工事での不具合のみで発生するだけではなく、地震などの自然災害や地盤沈下など、塗装施工の影響で発生するとは100%いえません。

そのため、ひび割れは塗装の歌詞と一概に判断することが難しく、ここでいう「工事保証10年」には該当しない場合がほとんどです。この保証の詳細を業者がわかりやすく消費者に伝えるべきですが、塗装業界の常識であるため、わざわざ塗装業者が消費者にわかりやすく伝えるべきではないというのが慣例になっています。

 

一級塗装技能士などの資格を持つ職人がいる

優良な塗装業者には、一級塗装技能士などの有資格者がたくさん在籍しています。

一級塗装技能士は塗装工事に関して大変詳しく、難題が発生した場合でも即座に対応できるほどの頼りがいのある存在です。

訪問業者には、一級塗装技能士のような有資格者は在籍していません。外壁塗装をお願いする業者を選択する場合は、一級塗装技能士を持っている職人さんが在籍しているのかを確認しましょう。

直接業者に聞いても良いですし、業者のホームページにも必ず記載されています。ホームページに有資格者を記載することは、業者の良いアピールとなるので必ず載せます。

一級塗装技能士の記載がホームページに無い業者は、塗装工事に詳しくないのでおすすめできません。

 

見積書に詳細が記載されている

塗装工事の見積書は、どんな事を行うのか、数量はどれくらいなのかを計上していき、合計金額を出します。

そのため、塗装工程の事細かい内容を記載し、お客様にどのような内容の工事や材料を使うのかを記載します。悪徳業者やお客様想いではない業者は、簡単な内容の見積書しか作ってきません。

細かく記載しても素人であるお客様にはわかるまいと思い、ざっくりとした内容でしか見積書を作りません。また、中には細かい内容は一切書かず、一式にて見積書を作る業者もあります。優良業者であればあるほど、見積書の内容な事細かく記載しています。

細かい内容の見積書ではない見積もりを提出してくる業者は、優良業者ではないのでおすすめできません。

 

まとめ 外壁塗装はメリットばかり!劣化を放置せず定期的な補修工事を

いかがでしたでしょうか、
外壁塗装のメンテナンスを行うということは、メリットばかりということがわかったと思います。外壁素材や住まいを長持ちさせるためには、定期的の外壁塗装メンテナンスを行いましょう。大きな財産である住まいを、末永く使い続けることができるようにできるかどうかは、外壁塗装のメンテナンス次第です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

-外壁塗装の基礎知識
-,