外壁塗装の塗料

アクリル系塗料で外壁塗装するメリット・デメリット|特徴や使用上の注意を解説

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

アクリル系塗料は外壁塗装をはじめ、日用品や看板、照明器具のカバーなどにも使われている、マルチな塗料です。

30年以上前には非常に人気の塗料でしたが、近年は採用される事が少なくなってしまった塗料です。

しかし今でもアクリル塗料を好む方はおり、採用される方も少なくありません。

アクリル系塗料を使って外壁塗装を行うメリットやデメリットなど、知っておくと便利なポイントを以下にご紹介いたします。

 

外壁塗装に使われるアクリル系塗料とは

アクリル系塗料は、塗料の中にアクリル樹脂を混ぜた塗料です。

アクリル樹脂というのは透明な物質であり、温度や湿度が変化することにより、強い耐性を発揮します。

アクリル樹脂を塗料に活用するようになったのは、1950年代頃と言われています。

発色が大変よく綺麗な塗り具合であり、費用が安価な部分が人気となりました。昭和50~60年代の住宅の外壁塗装に採用される事が多くあり、その時代の住宅の外壁塗装のほとんどのアクリル塗料が使われました。

塗料の中のランクでは1番低く安い塗料であり、そのせいか昔は採用される事が多くありました。その後。他の塗料の単価が安価になってきたことにより、アクリル系塗料は徐々に陰りを見せはじめてしまい、近年は外壁塗装に採用される事が少なくなってしまった塗料です。

徐々に人気が無くなり外壁塗装に採用される機会が減ってしまった塗料ではありますが、未だアクリル系塗料は無くなっておりません。その理由はアクリル塗料が持つメリットを上手く利用して活用している方がいるということです。捉え方次第では、使いやすい便利な塗料という考えにもなります。

メリットをふんだんに利用して上手く採用することで、重宝する良い塗料となります。そのため、現在でも絶えることなく採用されている外壁塗料に使われている塗料です。

 

アクリル系塗料で外壁塗装をするメリット

アクリル塗料に対して、近年はデメリットばかりが取り上げられます。

しかしアクリル塗料が今でも廃らず残っている理由は、アクリル系塗料にしかないメリットがあることです。アクリル系塗料のメリットはどのようなものがあるのか、以下にご紹介いたします。

費用が安い

アクリル系塗料の1番のメリットといえば、安さです。

現在の外壁塗料の普及品であるシリコン系塗料の7割程度の費用で工事ができます。

そのため安価に外壁塗装工事を行いお客様に、人気の塗料です。安価な分、耐用年数は短いですが、そもそも安いので何度も塗り替えをして外壁をリフレッシュさせることができます。

低コストで外壁塗装工事ができるのは、アクリル塗料にしかない大きなメリットとなります。

 

発色がよくツヤがある

アクリル系塗料が発売当時に人気が出たのは安価な部分だけではなく、発色とツヤの良さも評判となりました。

綺麗な塗膜表面が出来上がるので、鮮やかな色合いの外壁塗膜となります。はっきりとした色合いの外壁にしたい方には、おすすめの塗料です。

 

透湿性が高い

アクリル系塗料は安価な塗料ですが、透湿性が高いという機能性も持っています。

そのため、湿気が多い部分の外壁への塗装にアクリル系塗料をすることにより優れた透湿効果を発揮し、壁体内結露から建物を守ることができます。

建物の内部に湿気が溜まる建物の場合、透湿性効果により内部の湿気を外部に追い出す効果を発揮します。

古い建物の場合、室内に湿気がこもっていることがあるので、そのような建物にアクリル塗料を採用することで室内湿気を外部に吐き出し、湿気に困らない住まいへとすることができます。

建物の内部結露はカビやアレルギーの原因となり、それらを改善へと導きます。

 

扱いやすく施工しやすい

アクリル系塗料のほとんどが、1液性の塗料です。最初から1つの入れ物に入っており、それを開封して使う塗料なので、攪拌する手間が無い分使いやすい塗料です。

そのため、DIYでも採用される事が多い塗料として人気もあります。また、アクリル塗料の中にはシーラー無しで重ね塗りができる塗料もあり、手間を掛けず外壁塗装の塗り直しができます。

 

アクリル系塗料で外壁塗装をするデメリット

アクリル系塗料は、安価な割にはメリットが多い塗料です。

しかし人気に陰りが出てきている理由には、メリットも多くあるということです。

アクリル塗料は悪い塗料ではありませんので、デメリットも把握した上で採用の検討をすると良いでしょう。アクリル系塗料のデメリットはどのようなものなのか、以下にご紹介いたします。

 

耐久年数が短い

アクリル系塗料の1番といっていいほどのデメリットといえば、耐久年数が短いことです。

5~7年程度の耐久年数しかなく、塗膜が早く劣化してしまいます。

アクリル系塗料の塗膜の劣化が早い理由は、劣化因子であるラジカルが発生しやすい塗料だからです。ラジカルが発生することにより酸化還元反応が発生しやすくなり、劣化しやすい塗膜へと変化してしまいます。

短い耐久年数なので、頻繁にメンテナンスを行わないと頑丈な塗膜を維持することができません。

 

クラック(ひび割れ)が起きやすい

アクリル系塗料の塗膜は固いので、クラック(ひび割れ)は発生しやすいデメリットがあります。

そのため、地震などの建物に動きが発生した場合、すぐに塗膜にクラック(ひび割れ)が入ってしまいます。アクリル樹脂は常温では固いので、塗膜に柔軟性を与えるために可塑剤が含まれています。

可塑剤は3~5年程度で徐々に塗膜から抜けてしまい、塗膜の柔軟性が無くなることによりクラック(ひび割れ)が起きてしまいます。

 

コストパフォーマンスが低い

アクリル系塗料は、他の塗料と比較すると耐久年数が短いです。

5~7年程度の耐久年数のため頻繁な塗り替えが必要となるので、コストパフォーマンスは低くなってしまいます。イニシャルコストは低いですが、ライフサイクルコストで計算すると、コストパフォーマンスは良くありません。

 

アクリル系塗料と他の塗料との比較

アクリル系塗料は、現在はあまり支持されていない外壁塗料です。では、他の塗料にはどのような特徴があるのでしょうか。

アクリル系塗料以外の塗料について、特徴を以下にご紹介いたします。

 

ウレタン系塗料

ウレタン系塗料は、ウレタン樹脂を主成分としている塗料です。アクリル塗料の人気が無くなってきてから人気が出てきた塗料であり、密着性や弾性に優れている、アクリル系塗料にはない機能を持っています。現在外壁塗装の主流となっているシリコン系塗料が世に登場するまでは、ウレタン系塗料が外壁塗装の主流となっていました。現在も外壁塗装に採用されている塗料であり、用途や目的により人気があります。耐久年数は8~10年程度であり、単価は㎡あたり1,800~2,200円程度です。

シリコン系塗料

シリコン系塗料は現在外壁塗装に使う塗料の中で主流となっている塗料です。アクリルシリコン樹脂を主成分としている塗料であり、単価のわりに優れた才能を多々持っていることにより、人気となりました。普及品の塗料として名の知れている塗料であり、外壁塗装の見積もりをお願いする場合、塗料の指定をしない際はシリコン系塗料で見積もりされることが定番です。耐久年数は10~15年程度であり、単価は㎡あたり2,500~3,500円程度です。

フッ素系塗料

フッ素系塗料は、フッ素樹脂を主成分としている塗料です。フライパンにフッ素加工というものがありますが、フッ素系塗料の「フッ素」も同じフッ素であり、表面で水分をはじいて付着させない親水性という性質を持っています。

そのため外壁塗装に採用すると、汚れを外壁に付着させにくい素晴らしい機能を発揮させます。

耐久年数は15~20年程度と長い寿命を発揮し、単価は㎡あたり3,500~4,500円程度です。

単価が高いので、一般住宅への普及は少なめとなっています。

 

無機塗料

無機塗料は、鉱物などの無機物配合の塗料です。

一般的な他の塗料は有機物を使用しており、有機物は必ず劣化するので塗膜も劣化してしまいます。

しかし無機塗料は無機物を配合しており有機物が配合されていないイメージがあるかもしれませんが、塗料というのは100%無機物では使えないので合成樹脂にセラミックなどを含んでいるハイブリッド塗料となっています。

耐久年数は18~22年程度とフッ素系塗料よりも長い寿命を発揮し、単価は㎡あたり3,700~5,000円程度となっています。

 

アクリル系塗料の代表的なメーカーと製品

アクリル系塗料は、様々な日本で有名なメーカーから販売されています。

どんなメーカーからどのような塗料商品が販売されているのか、以下にご紹介いたします。

日本ペイント

日本ペイントは日本ペイントホールディングスの一員であり、住宅をはじめ、ビルやマンション、橋梁、プラント、タンクなど様々な建物の塗料を販売している、日本で1番有名な塗料メーカーです。

同社の前身にあたる企業は明治14年に設立と、老舗の塗料メーカーです。

エコフラットやニッペアクリル、オーデファインアクト、オーデコートGエコ、タイルラック水性トップつや一番など、様々なアクリル系塗料が販売されています。

 

関西ペイント

関西ペイントは文字通り関西大阪にある塗料メーカーであり、100年企業の老舗です。

現在は日本ペイントを追い越し、業界一位の売り上げを誇る総合塗料メーカーです。

建築の塗料をはじめ土木塗料、船舶塗料、電力施設取水口等の防汚塗料の開発などを行っています。

アスカⅡやエスコマイルド、アレスアクアグロス、アレスセラアクリルなど、様々なアクリル系塗料が販売されています。

 

エスケー化研

エスケー化研は建築仕上げ材の総合メーカーであり、建築仕上げと材の売り上げ国内№1の企業です。

前身企業であり「四国化学研究所は昭和30年創業であり、建築と材の一流メーカーを目指して現在まで成長を続けています。常に最高レベルの塗料作りに信念を置き、原料や工程、製品の各段階にて綿密に品質チェックを行っています。

またコストダウンを意識しており、既存ラインの見直しや機器や設備の改良など様々な部分に対して果敢に取り組んでいます。

SKアクリルカラーやSE水性ELコート、エスケーGPペイント、バイトタイト#10など、様々なアクリル塗料を取り扱っています。

 

外壁塗装にアクリル系塗料を使用するときの注意点

アクリル系塗料が外壁塗装に採用される事が少なくなった背景には、デメリットが多いという部分が最大の理由といえます。

しかし、デメリットが多い塗料ではありますが、外壁塗料として採用されることは今でもあります。

外壁塗装にアクリル塗料を使う際には、注意点に目を向けることで理想的な外壁塗装となります。外壁塗装にアクリル系塗料を使う際に注意すべき点について、以下にご紹介いたします。

結果、外壁塗装が頻回になることを覚えておく

アクリル系塗料の最大の難点といえば、耐候性が低く劣化が早く発生してしまうことです。

紫外線や雨などの外的刺激に非常に弱く、他の塗料と比べると劣化が早く発生してしまいます。外壁塗装の普及品の塗料と言われているシリコン塗料と比較すると、半分手うどんお耐用年数しか発揮しません。

塗膜の劣化が早いということは、その分塗り直しを頻繁に行わないといけません。

塗料自体の価格は安価ではありますが、外壁塗装の回数が頻回になってしまうことを踏まえて、採用するかどうかを検討しましょう。

1ついえることは、頻繁に外壁の塗り替えをしたい方には適した塗料といえます。5年くらいで外壁の色を変えたい方は、そのころに塗膜が劣化してくるので塗り替えタイミングとなるので、丁度良い塗料ということになります。

ただし塗り替えの度に足場などの仮設費用がかかるので、トータルコストパフォーマンスは悪くなってしまうことも、覚えておきましょう。

 

屋根の塗装には使用しない

屋根の塗装には、アクリル塗料は適しません。その理由は、屋根というのは紫外線や雨などの外的刺激を直に受ける部位なので、外壁にアクリル塗料を塗布するよりも早く劣化が発生してしまうからです。

屋根という部位は建物の中の頂点にある部位なので、建物を上から守るための大事な部分となります。その大事な屋根に劣化が激しいアクリル系塗料を塗布してすぐに塗膜が劣化してしまうと、屋根素材に大きな影響を与えてしまい、雨漏りなどの最悪な不具合が発生してしまうこともあります。

現在、屋根用のアクリル系塗料は作られておりません。外壁と屋根を一緒に塗り替えする場合、同じ塗料を使うことがありますが、外壁にアクリル系塗料を採用しても屋根には採用できないということを覚えておきましょう。

屋根にもアクリル系塗料の採用を勧める業者は塗料に対し詳しくない業者ということになるので、そのような業者には外壁や屋根の塗装工事をお願いしてはいけません。

 

信頼できる業者に依頼する

アクリル塗料は作業性が非常に高く、誰で塗りやすく失敗しにくい塗料とも言われています。

しかし、耐用年数が短い塗料ですので、確実な腕を持つ職人が塗らないと規定の耐用年数を発揮しない場合があります。アクリル塗料を外壁塗装に採用する際には、信頼できる業者に依頼するようにしましょう。
信頼できる業者の探し方は、以下の方法で見つけましょう。

 

地元評判を聞く

近くに外壁塗装を行った方がいる場合は、その方に話を聞くと良いでしょう。1度外壁塗装工事を経験しているので、工事を行ってくれた業者さんはどのような業者さんだったのか、対応や腕などを聞いて参考にしましょう。

なぜ地元の方に評判を聞くのかというと、実際に外壁塗装を行う場合は近隣の業者に依頼することが大半なので、近隣の業者の評判を把握することはとても大事となります。

地元の業者は工事完了後も何かあった場合は賭け付けてくれるので、工事後も非常に頼りになります。

遠方の業者が良くない訳ではないですが、何かあった時のことを考えると、すぐに駆けつけてくれる業者の方が心強い存在となります。

 

ネット上の口コミをチェックする

インターネット上には様々な工事の評判が載っており、地元の業者の評判も掲載されています。

ネット上の口コミサイトで業者の評判を探ることにより、どのような業者なのかを把握することができます。

 

ネット上で「業者名 評判」で検索してみる

この業者にお願いしたいと依頼したい業者に目星を付けている場合は、その業者の評判をインターネット上で探ると良いでしょう。

インターネットの検索欄に「業者名 評判」出検索することで、その業者の様々な評判の情報を得ることができます。その際、1つのサイトの情報を鵜呑みにするのではなく、3~5つのサイトにてチェックを行うことをおすすめします。

1つのサイトだけでは情報が偏っているので、信憑性が低い場合があるからです。

情報の母数は多ければ多いほど信憑性が確かなものになるので、面倒でも多くのサイトをチェックすることをおすすめします。

 

外壁塗装にアクリル系塗料を使用するならピュアアクリル塗装がおすすめ

アクリル塗料と似たような名称の塗料で「ピュアアクリル塗料」という塗料があります。

名称の中に「アクリル」という言葉がどちらの塗料にも入っていますが、実は全く違う塗料です。

ピュアアクリル塗料とはどのような塗料なのか、以下にご紹介いたします。

耐用年数が長い

ピュアアクリル塗料の耐用年数は、15年程度と言われています。

アクリル塗料の耐用年数は5~7年と言われているので、3倍近くの長い耐用年数を発揮します。

フッ素系塗料と似たような耐用年数であり、1度塗布すると長持ちする塗膜となります。

 

防水性に富んでいる

ピュアアクリル塗料の1番の特徴といえば、高い弾性がある塗料ゆえに防水性に富んでいることです。弾性というのは伸びる性質のことであり、ピュアアクリル塗料を塗布した塗膜が硬化した後に塗膜が伸びる性質である弾性効果を発揮し、ゴムの膜により外壁を守ることができます。

既存外壁にクラックが入っている場合、ピュアアクリル塗料を塗布することでクラック部分にゴム系の伸びる塗膜で覆うことができるので、地震などの動きが発生してもクラックが表に出ることがなく弾性塗膜で覆い雨漏りを発生させずに済みます。

公式情報では、その弾性効果は元の長さの6倍まで伸びると言われているほどの凄さです。

 

遮熱効果に富んでいる

ピュアアクリル塗料には、セラミック粒子が配合されているので、外壁からの熱を遮断させる効果を発揮させます。

外壁には遮熱効果は低いと言われていますが、アクリル塗料と比べると雲泥の差で遮熱効果を発揮させます。夏暑く冬寒い建物には、オススメの塗料です。

 

まとめ 外壁塗装にアクリル系塗料を使うのは外観のイメチェン目的が最適

アクリル系塗料は一昔前の塗料というイメージがあるかもしれませんが、メリットも多くあります。

そのメリットを良い方向に考えて使うことにより、理想の外壁塗装とすることも可能です。

外壁からの雨漏りが気になる場合や耐用年数の長さにこだわりたい方には、ピュアアクリル塗料がおすすめです。

どちらの塗料も一長一短があり、考え方や使い方により向き不向きがあります。自分の理想に合った塗料を採用して、最高の外壁塗装としましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

外壁塗装のすべて編集部

外壁塗装会社・リフォーム会・外壁塗装経験者が集まってサイト運営・編集を行っています。 分かりにくい外壁塗装を分かりやすく伝えていきます。

-外壁塗装の塗料
-,